2014年夏、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピットは、ふたりがハネムーンの地としても選んだ美しいマルタ島で、映画を撮りあげる。“愛の結晶”といえる本作はふたりが出会った『Mr. & Mrs. スミス』以来、10年ぶりの共演作となった。アカデミー賞(R)女優であり、国連の人道支援などで世界中から注目されているアンジェリーナが自ら、出演・監督・脚本・製作を務めた。ひとりの女性として抱える苛立ちや不安を赤裸々にさらけ出したオリジナルストーリー。また本作から「アンジェリーナ・ジョリー・ピット」の名前でクレジットしている。ブラッドはアンジェリーナの映画制作を公私共に全面的にサポート。もろく壊れてしまいそうな妻に翻弄されながらも、優しく受け入れる小説家の夫を熱演した。『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロラン、『わたしはロランス』のメルヴィル・プポー、セザール賞の常連である『預言者』のニエル・アレストリュプ、『コックと泥棒、その妻と愛人』のリシャール・ボーランジェと豪華な個性派俳優たちが脇を固め、物語に深みを持たせている。
1970年代、南フランスにアメリカ人の小説家ローランド(ブラッド・ピット)と、その妻ヴァネッサ(アンジェリーナ・ジョリー・ピット)はヴァカンスに訪れる。ローランドはカフェに入り浸り、妻はほとんどの時間をホテルの部屋で過ごしている。ふたりの人生にもたらされた思いがけない不幸に向き合うことができず、心が離れてしまっていた。ある日、ヴァネッサは部屋の壁にある小さな穴を好奇心から覗いてみる。ハネムーンで滞在している若いカップル(メラニー・ロラン、メルヴィル・プポー)の寝室が見えた。愛情から生まれる優しい言葉や親密なしぐさを、壁越しに観察するヴァネッサ。またローランドも愛を謳歌する若いカップルに魅了され、二組の夫婦の距離は自然と近づいていく。ふたりは彼らを介入させることで自分たちの夫婦関係を改善しようとするが、深い孤独を抱えるヴァネッサは混乱してしまう。「君は幸せになることを拒んでいる」ローランドは哀しみをのり越えて、また一緒に歩みたいとヴァネッサに寄り添うが。。。
 1975年6月4日生まれ。女優としてアカデミー賞®やゴールデン・グローブ賞を受賞し高い評価を受けると同時に、監督、脚本家、プロデューサーとしても活躍する。本作は監督第3作目となる。

 監督としては2011年に『最愛の大地』でデビューを飾り、2014年にはアカデミー賞®に3部門ノミネートされた『不屈の男 アンブロークン』を発表し話題となった。 現在、リティ・パニュと共同でプロデューサーも務める、カンボジアの虐殺を子供の目線で描いた「First they killed my father: a daughter of Cambodia remembers」の公開が控えている。プロデューサーとして参加した作品にアフガニスタンを舞台とするアニメーション長編「The Breadwinner」がある。

 女優としては、1997年にTV映画「ジョージ・ウォレス/アラバマの反逆者」でゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞、TV映画「ジーア/悲劇のスーパーモデル」(‘98)で ゴールデン・グローブ賞テレビ映画主演女優賞などを受賞し注目を集める。1999年、ジェームズ・マンゴールド監督の『17歳のカルテ』で、アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、放送映画批評家協会賞、 全米映画俳優組合賞の助演女優賞を受賞。その後、2001年に大ヒットとなったアクション・アドベンチャー『トゥームレイダー』(サイモン・ウエスト監督)、続編『トゥームレイダー2』(‘03/ヤン・デ・ポン監督)、 2005年にはブラッド・ピットと共演したダグ・リーマン監督の『Mr.&Mrs.スミス』、アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞ほか多数の主演女優賞にノミネートされたクリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』(‘08)などに出演する。

 他に、『ボーン・コレクター』(‘99/フィリップ・ノイス監督)、『狂っちゃいないぜ』(‘99/マイク・ニューウェル監督)、『マイ・ハート、マイ・ラブ』(‘99/ウィラード・キャロル監督)、国連の救援活動家を演じた『すべては愛のために』(‘03/マーティン・キャンベル監督)、名優ロバート・デ・ニーロが監督した『グッド・シェパード』(‘06)、『マイティ・ハート/愛と絆』(‘07/マイケル・ウィンターボトム監督)、『ウォンテッド』(‘08/ティムール・ベクマンベトフ監督)、『ソルト』(‘10/フィリップ・ノイス監督)、ウォルト・ディズニーの大ヒット映画『マレフィセント』(‘14/ロバート・ストロンバーグ監督)などに出演。

 また多種多様な人道支援に精力的に取り組んでおり、UNCA(国連特派員協会)の国連特派員協会賞の第一回受賞者となり、2005年にはグローバル人道賞を受賞。2007年には外交問題評議会に参加。2012年、UNHCR(国連難民高等弁務官)特使に任命、2012年には戦争において武器としてのレイプを終わらせることを目的とした性的暴力防止イニシアティヴを共同設立し、155以上の国でサポートを行っている。長年の功績が認められ2013年にはジーン・ハーショルト友愛賞を受賞した。2014年にはイギリスの外交問題への非凡な貢献を讃えてエリザベス女王より、名誉デイムを授与される。2016年、イギリスにあるロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の客員教授を務めることが発表された。
 
 1963年12月18日生まれ。今日における最も力強くて多才な俳優であり、製作会社「プランBエンターテインメント」のプロデューサーとしても活躍する。「プランBエンターテインメント」はアカデミー賞®作品賞などを受賞したスティーヴ・マックイーン監督の『それでも夜は明ける』(‘13)、2013年の年間興行収入トップテン入りした『ワールド・ウォーZ』(マーク・フォースター監督)、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(‘15/アダム・マッケイ監督)などの話題作を手掛け、現在も多数の監督、脚本家たちと映画やテレビの企画が進行中である。
 俳優としてはリドリー・スコット監督作品でアカデミー賞®脚本賞に輝いた『テルマ&ルイーズ』(‘91)で注目を集める。その後、アカデミー賞®撮影賞を受賞したロバート・レッドフォード監督の『リバー・ランズ・スルー・イット』(‘92)、1993年には『カリフォルニア』(ドミニク・セナ監督)、『トゥルー・ロマンス』(トニー・スコット監督)と話題作に立て続けに出演し、不動の人気を獲得する。またデヴィッド・フィンチャー監督の『セブン』(‘95)、『ファイト・クラブ』(‘99)の演技で批評家たちからも関心を集めた。『12モンキーズ』(‘95/テリー・ギリアム監督)ではアカデミー賞®にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞を受賞。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(‘08/デヴィッド・フィンチャー監督)、『マネーボール』(‘11/ベネット・ミラー監督)でもアカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞にノミネートされている。『レジェンズ・オブ・フォール/果てしなき想い』(‘94/エドワード・ズウィック監督)、『バベル』(‘06/アレハンドロ・イニャリトゥ監督)でもゴールデン・グローブ賞にノミネート。大ヒットとなった『Mr.&Mrs.スミス』(‘05/ダグ・リーマン監督)で、アンジェリーナ・ジョリー・ピットと共演している。2007年にはアンドリュー・ドミニク監督の『ジェシー・ジェームズの暗殺』でヴェネチア国際映画祭にて最優秀男優賞に輝いた。2011年にはカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したテレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』で主演と製作を務めている。
 その他、『スナッチ』(‘00/ガイ・リッチー監督)、スティーヴン・ソダーバーグ監督のシリーズ『オーシャンズ11』(‘01)、『オーシャンズ12』(‘04)、『オーシャンズ13』(‘07)、『バーン・アフター・リーディング』(‘08/ジョエル&イーサン・コーエン監督)、メラニー・ロランと共演したクエンティン・タランティーノ監督『イングロリアス・バスターズ』(‘09)、『悪の法則』(‘13/リドリー・スコット監督)、『フューリー』(‘14/デヴィッド・エアー監督)などがある。マリオン・コティヤールと共演するロバート・ゼメキス監督作品「Allied」などの公開が控えている。
 1983年2月21日生まれ。フランス出身。ロドルフ・マルコー二監督の「これが私の肉体」(‘01・未)、セザール賞有望若手賞を受賞したフィリップ・リオレ監督の「マイ・ファミリー/遠い絆」(‘06・未)、『PARIS(パリ)』(‘08/セドリック・クラピッシュ監督)、『オーケストラ!』(‘09/ラデュ・ミヘイレアニュ監督)などのフランス映画で活躍する。2009年にブラッド・ピットと共演したクエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』で国際的にその才能を知られるようになる。その他に『黄色い星の子供たち』(‘10/ローズ・ボッシュ監督)、ユアン・マクレガーと共演したマイク・ミルズ監督の『人生はビギナーズ』(‘10)、『グランド・イリュージョン』(‘13/ルイ・ルテリエ監督)、ジェイク・ギレンホールと共演した『複製された男』(‘13/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督)、『リスボンに誘われて』(‘13/ビレ・アウグスト監督)、『ミモザの島に消えた母』(‘15/フランソワ・ファヴラ監督)などに出演。  また監督としても2008年に短編映画「De moins en moins」を発表しカンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門に出品。2011年には初の長編映画「Les adoptés」、2014年にはカンヌ国際映画祭の批評家週間部門で特別上映された「呼吸 ―友情と破壊」を発表し高い評価を受けた。2015年、ジャーナリストのシリル・ディオンと共同で監督したドキュメンタリー「Demain」は、フランスで100万人以上を動員する大ヒットとなった。

 1973年1月26日生まれ。フランス出身。子役としてラウル・ルイス監督作品に度々出演する。15歳の時にジャック・ドワイヨン監督の『15歳の少女』(‘98)に出演し、セザール賞有望若手賞にノミネートされる。その他に『愛人/ラマン』(‘92/ジャン=ジャック・アノー監督)、『おせっかいな天使』(‘93/ロランス・フェレイラ=バルボサ監督)、『エリザ』(‘95/ジャン・ベッケル監督)、『夏物語』(‘96/エリック・ロメール監督)、ロマーヌ・ボーランジェと共演した『シューティング・スター』(‘97/グレアム・ギット監督)、『ぼくを葬る』(‘05/フランソワ・オゾン監督)、ジョン・カサヴェテスの娘ゾエ・カサヴェテス監督作品『ブロークン・イングリッシュ』(‘07)、『ゼロ時間の謎』(‘07/パスカル・トマ監督)、『クリスマス・ストーリー』(‘08/アルノー・デプレシャン監督)、『わたしはロランス』(‘12/グザヴィエ・ドラン監督)、『ミステリーズ 運命のリスボン』(‘12/ラウル・ルイス監督)などがある。フランスを中心に国際的に活躍している。

 1949年2月8日生まれ。フランス出身。デンマーク人の父とフランス人の母の間に生まれる。二十代初めから演劇でキャリアをスタートさせ、1973年にサミー・パヴェル監督の「Miss O'gynie et les homes fleurs」で映画デビュー。その後、グレン・クローズと共演した『ミーティング・ヴィーナス』(‘91/イシュトヴァン・サボー監督)などの映画やTVで活躍する。2006年、ジャック・オーディアール監督の『真夜中のピアニスト』で、セザール賞最優秀助演男優賞を受賞。2007年には初の長編「Le candidat」を監督、出演している。2009年、再びジャック・オーディアールと組んだ『預言者』にてセザール賞最優秀助演男優賞を獲得。本作はゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞®の最優秀外国語映画賞にノミネートされ、カンヌ国際映画祭ではグランプリを受賞した。ベルトラン・タヴェルニエ監督「Quai d'Orsay」(‘13)でもセザール賞最優秀助演男優賞を受賞し、現在のところ、同賞を三度受賞した唯一の人物である。  その他に『潜水服は蝶の夢を見る』(‘07/ジュリアン・シュナーベル監督)、『サラの鍵』(‘10/ジル=パケ・ブランネール監督)、『戦火の馬』(‘11/スティーヴン・スピルバーグ監督)などがある。

 1942年1月16日生まれ。フランス出身。俳優、作家として活躍する。娘は女優のロマーヌ・ボーランジェ。主な出演作に『ディーヴァ』(‘81/ジャン=ジャック・ベネックス監督)、『サブウェイ』(‘84/リュック・ベッソン監督)、『コックと泥棒、その妻と愛人』(‘89/ピーター・グリーナウェイ監督)、娘ロマーヌと共演した『伴奏者』(‘92/クロード・ミレール監督)、『イヴォンヌの香り』(‘94/パトリス・ルコント監督)、『原色パリ図鑑』(‘97/トマ・ジル監督)、『ブロンドと柩の謎』(‘01/ピーター・ボグダノヴィッチ監督)などがある。

 2012年、アカデミー賞®作品賞を受賞したベン・アフレック監督の『アルゴ』で製作総指揮を務める。その他の主な製作総指揮作品に、ロバート・デ・ニーロとビリー・クリスタルが主演したハロルド・ライミス監督の大ヒット作品『アナライズ・ミー』(‘99)と続編『アナライズ・ユー』(‘02)、『アビエイター』(‘04/マーティン・スコセッシ監督)、『シャッターアイランド』(‘09/マーティン・スコセッシ監督)、マット・デイモン主演のロバート・デ・ニーロ監督作品『グッド・シェパード』(‘06)、『インセプション』(‘10/クリストファー・ノーラン監督)、『ノア 約束の舟』(‘14/ダーレン・アロノフスキー監督)などがある。
 アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督とは『最愛の大地』(‘11)、『不屈の男 アンブロークン』(‘14)に続いて3作品目となる。イエール大学で建築の学士号を取得、イエール演劇大学院で舞台デザイン、絵画、照明を学ぶ。『ホテル・ニューハンプシャー』(‘84/トニー・リチャードソン監督)の美術アシスタントを経て、プロダクション・デザインとしてはマイケル・レーマン監督のカルト映画、ウィノナ・ライダー主演『ヘザース/ベロニカの熱い日々』(‘89)でデビューを果たす。ナンシー・マイヤーズ監督作品『ハート・オブ・ウーマン』(‘00)、『恋愛適齢期』(‘03)、『ホリデイ』(‘06)、『恋するベーカリー』(‘09)やロバート・レッドフォード監督作品『リバー・ランズ・スルー・イット』(‘92)、『モンタナの風に抱かれて』(‘98)などを担当する。その他に『ツーリスト』(‘10/フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督)、『ニード・フォー・スピード』(‘14/スコット・ウォー監督)、『ロック・オブ・エイジズ』(‘12/アダム・シャンクマン監督)などがある。

 多数のドキュメンタリー、テレビ映画、長編映画の撮影監督であり、脚本やプロデューサーも務める。撮影監督としてミヒャエル・ハネケ監督の『ピアニスト』(‘01)、『隠された記憶』(‘05)など多くの作品に携わり、2009年の『白いリボン』ではアカデミー賞®にノミネートされ、全米批評家協会賞、NY批評家協会賞などの撮影賞を受賞した。他にアモス・ギタイ監督の『撤退』(‘07・未)、『ルートヴィヒ』(‘12/マリー・ノエル、ピーター・ゼアー監督)、『悪童日記』(‘13/ヤーノシュ・サース監督)などがある。2012年、マケドニアのマナキ・ブラザーズ国際撮影者映画祭で「ゴールデン・カメラ300」特別賞を受賞。バルテンバッハ・ラボとの協力でシネ・リフレクト・ライティング・システム(CRLS)を開発し、本作でもこのシステムが使われている。
 1980年代からフリーの編集者としてドキュメンタリー、長編劇映画に関わり、いくつかのドイツの映画学校で教鞭を取っている。アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督作品では『最愛の大地』に続いて2作品目となる。カロリーヌ・リンク監督の『ビヨンド・サイレンス』(‘96)、アカデミー賞®外国語映画賞を受賞した『名もなきアフリカの地で』(‘07)などに参加。その他に『善き人のためのソナタ』(‘06/フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督)、『終着駅 トルストイ最後の旅』(‘09/マイケル・ホフマン監督)、『ツーリスト』(‘10/フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督)などがある。

 モントリオールで子役としてキャリアを開始。その後ロサンゼルス映画学校で学び、自ら短編映画やコマーシャルの監督や編集を務める。2011年よりフリーランスの編集者として活躍。ジャン=マルク・ヴァレ監督作品の『カフェ・ド・フロール』(‘11)、『わたしに会うまでの1600キロ』(‘14)の編集に参加し、共同編集した『ダラス・バイヤーズ・クラブ』(‘13)ではアカデミー賞®編集賞にノミネートされた。
 パーソンズ・デザイン学校を卒業後、ハリウッドで30年以上活躍し、プライムタイム・エミー賞、コスチューム・デザイナー協会(CDG)賞、イギリス・アカデミー賞(BAFTA)などにノミネートされている。主な仕事に、『ウォール街』(‘87/オリヴァー・ストーン監督)、『オールウェイズ』(‘89/スティーヴン・スピルバーグ監督)、『ブラック・レイン』(‘89/リドリー・スコット監督)、『スピード』(‘94/ヤン・デ・ポン監督)、『フェイス/オフ』(‘97/ジョン・ウー監督)、『スターシップ・トゥルーパーズ』(‘98/ポール・バーホーヴェン監督)、『ウォール・ストリート』(‘10/オリヴァー・ストーン監督)、『恋するリベラーチェ』(‘13/スティーヴン・ソダーバーグ監督)などがある。また2010年、俳優ジェームズ・フランコとコラボして、アートブックを出版するなどファッション、アート、映画の交わる地点でイノベーターとしての活動を続けている。

 1949年レバノン生まれ。4歳から14歳までベイルートのイエズス会寄宿学校に通い、学校のオルガンを弾いて音楽を独学する。アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督作品は『最愛の大地』(‘11)に続いて、2作品目。1980年以降100本以上の映画音楽を作曲し、著名な賞も数多く受賞している。代表作にジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手に逃げろ/人生』(‘79)、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(‘86/ジャン=ジャック・ベネックス監督)、セザール賞音楽賞を受賞した『愛人/ラマン』(‘92/ジャン=ジャック・アノー監督)、『リプリー』(‘99/アンソニー・ミンゲラ監督)、『コールドマウンテン』(‘03/アンソニー・ミンゲラ監督)、『トロイ』(‘04/ウォルフガング・ペーターゼン監督)、『善き人のためのソナタ』(‘06/フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督)、『ツーリスト』(‘10/フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督)、『トム・アット・ザ・ファーム』(‘13/グザヴィエ・ドラン監督)、『暮れ逢い』(‘13/パトリス・ルコント監督)などがある。アンソニー・ミンゲラ監督の『イングリッシュ・ペイシェント』(‘97)ではアカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、グラミー賞を受賞した。キャロリン・カールソン、ローラン・プティ、ウェイン・マクレガーなどのダンスの音楽も手掛けている。